JF3MXUのアワード主軸のハムライフ(2)

  

<昭和51年〜昭和63年>

アマチュア無線局 JF3MXU 西 川 敏 弘

Toshihiro Nishikawa

Total-Access:


アワード主軸のハムライフ

アマチュア無線活動のあゆみ(私のアマチュア歴)

ここでいうアワードとは認定書・業績表彰・免状などを含みます


 

昭和51年 日本アマチュア無線連盟にSWL(JA3−9285)として入会

電話級アマチュア無線技士(現在の4級アマ)資格取得

高校の社団局に登録。オンエアー開始。CWによるSWLも開始

昭和52年 個人局開局(HF−50MHz SSB/AM/FM 10W)

(1977)  社団法人 日本アマチュア無線連盟 正員となる

50MHZのクラブSMIRKの会員証

50MHzAM で開局 後日入会したSMIRKの会員証

開局は松下電器のRJX−601と八重洲のFT−401(真空管の中古)

であった。当時の50MHzAMは高校生等が主体の入門周波数であった。

同年電信級アマ(現3アマ)及び第2級アマチュア無線技士資格を取得。

後に、第1級アマチュア無線技士を旧制度で(和文電信含)取得

ダイナミックアマチュア無線クラブ(会長JR3WYM 正岡茂氏)加盟

昭和53年米国(旧)CHC(K6BX 故クリフ・エバンス氏主宰)

 

 K6BXからもらったFHCのアワード

上の画像はK6BXからもらったFHCのアワード K6BXはFHCも主宰していた

会員資格取得(CHC#9224 IARJS#533)

SMIRK(6mの国際クラブ) に加入

モービルハム誌(電波実験社)2月号でダイナミックアマチュア

無線クラブの記事が紹介される。(私も紹介されている。)

兵庫賞の写真

兵庫賞アワード委員(AWARD MGR)となる。

昭和54年 シャープ本社アマチュア無線クラブ(JA3YHU)加盟

(昭和63年退職により脱退)

ラジオ関西本社で行われたJARL兵庫県支部大会に参加し賞状をいただく

ラジオ関西で行われた支部大会でいただいた賞状

 

旧CHCJA3エリア支部に加盟

昭和55アマチュア無線局の空中線電力を50Wに増力。

近畿電波管理局の設備変更検査に合格(移動局)

モービルハム誌(電波実験社)10月号で六甲CW愛好会の

紹介記事が掲載され、私の紹介もされる。

旧CHCJA3エリア支部の活動停止。ACC入会

ジャパンアワードハンターズグループに入会(JAG#332)

昭和56年 ポートピア81開催(8J3XPO)

ポートピア81の記念アワード2mCW

 上記はポートピア81記念アワード(144MHzCW特記)

(アマチュア無線館に、シャープとしてパソコンQSL関係に協力)

個人局1万局交信突破記念QSL(2000枚)発行

 

昭和57年 社団法人日本アマチュア無線連盟 終身会員(正員)

 

ジャパンアワードハンターズグループ幹事

(ランキングコンピュータ集計担当の賞典幹事。1993年まで11年間)

ハムジャーナル29号(CQ出版)に

B5版計23ページの記事を投稿。

 

CQハムラジオ誌2月号記事

「話題追跡 再開したCHC」に記事作成協力

 

CQハムラジオ誌6月号特集

「アワード主軸のハムライフ」に記事執筆

昭和59年 CQハムラジオ誌に連載記事

「パソコンによるハムのデータ処理講座」を執筆

(1月号−12月号 B5版毎号4ページ以上 合計56ページ)

 

日本アマチュア無線連盟 

関西地方本部アワード委員(59.6.1付)

JARL関西地方本部アワード委員委嘱状

 

昭和62年  日本アマチュア無線連盟 関西地方本部コンテスト委員

(昭和62年4月1日付け 昭和64年までの2年間)

平成元年以降は 次ページに示します


前のページ(1)へ「現在は(2)ページ」次のページ(3)へ


 次ページは 私の平成元年以降のアワードで綴るハムライフを紹介

アワード主軸のハムライフ・メインページ

平成元年〜現在に至るまでのアマチュア無線歴

 

西川敏弘ホームページに戻る